ペニスの色について

MENU

ツートンカラー!?

真ん中部分を取り除いて上下をくっつける方法の包茎手術をすると、よくペニスがツートンカラーになります。
これを解消する手術もあるぐらいなので、かなり多いケースなのでしょう。

 

「外部からの刺激で色が濃くなって行くので、時間が経てば段々目立たなくなる」とアドバイスする専門医が多いです。
実際、個人差はあれど、数年間経過を観察すると色の差が徐々に小さく目立たなくなる事が分かっています。

 

仮性包茎で普段むく癖をつけていると、包皮の内側が鍛えられて外側との色の差が少なく、ツートンカラーになりにくいです。
逆に仮性包茎でむき癖がなかったり、真性包茎だとツートンカラーになりやすいです。
つまり、むいて外からの刺激を受ける状態が一定時間経つと、その部分は段々黒くなって行くのです。

 

小陰唇の濃さとオナニーが関係あると言う専門家も居ます。
診察で感じた見解なので、多少の傾向はあるのかもしれません。
また、外にはみ出ている部分ほど黒いという傾向もあります。

 

元々外に出ていて刺激を受けやすい性器が段々黒くなるのは、とても自然な事なんですね。